google-site-verification: googlef9c97354083b0a6e.html

ワカンタンカ

趣味を中心に色々レビューしたり、日々の生活を書いていきます。

大人のための音感トレーニング本 感想

大人のための音感トレーニング本の感想

Amazonで気になったので購入

f:id:benkiman931:20171007233827j:plain

 

 

 

音感コンプレックス

中高生やそれ以上の年齢になってからギターやベースを始めた人にとって

幼少期からピアノをやっていて絶対音感はもちろん

音感がいい人に対するコンプレックスは少なからずある思います。

僕はそうでした。

 

音感がいい人がすぐにメロディーやコードを耳コピ出来るのを見ていて

なんか魔法のようだなぁ…と思っていました。

 

自分も耳コピしたいけど

どうやって考えたらいいのかわからない

やったけどなんか違う気がする…など

音感で悩んでいる人にとってはいい本だと思います。

 

音感があまりよくない人にとって

音感は感覚やセンスが大きいように思う人が多いかと思います

ですが、この本は理論と訓練で音感を向上させようという本なので

センスは関係ありません。 なので誰でも挑戦できます。

 

音楽理論の重要性

音楽を演奏する人にとって、音楽理論が重要なのは

言われなくてもわかることだと思います。

 

ただ、ギターやベースを年々もやっていても

音楽理論なんてよくわからないという人が多いと思います。

 

耳で聞いて分かる人は必要ないかと思いますが

耳コピしたいけど、全然聞き取れないという人は

まず音楽理論を勉強するのが結局近道になる気がします。

 

この本は半分ぐらい音楽理論についての説明です。

基本のキーやコード、♯や♭がついている場合の音

度数や長調短調など 本当に基本から載っているので

これ一冊だけでも十分音楽理論の勉強が出来ます。

 

ただ、慣れない人には聞いたことがない言葉が並んでいて

それを出来れば全部暗記した方がいいので

 

最初は難しく感じると思います。

 

感想

いい本だけど、最低限音楽理論も勉強しようという思いがないと

最初の暗記することが多くて嫌になってしまうかも…

 

やったら力が付きますし

とてもいいとは思いますが

 

僕はメロディーの耳コピなどに結構役立ちました。

なのでオススメではあります。