google-site-verification: googlef9c97354083b0a6e.html

ワカンタンカ

趣味を中心に色々レビューしたり、日々の生活を書いていきます。

ef a tale of memories & melodies アニメの感想

 

オススメのアニメの紹介

ef a tale of memories(一期) & melodies(二期) 

 

インタラクティブノベルの傑作です。

第三者的視点で登場人物達のやり取りを見る

群像劇とも呼ばれています

 

元が18禁PCゲームなので、そこに抵抗がある人もいるかもしれませんが

本当に良く出来ている作品なので

偏見なく見てほしいです。

 

レビューサイトでの評価も高い

www.anikore.jp

 

 

日本向けアニメBlu-rayの値段は高すぎて買う気になりません

海外向けのBlu-rayならセットでも日本版より超安い

 

 一期

個人的には一期の方が好きです。

一期は紘とみやこ 蓮治と千尋 京介と景 という

三組の男女の関係が中心に描かれています。

基本的に同時進行で、場面が変わって

どの組も少しづつ関係性が進んでいく見せ方

 

どの組み合わせも緻密な心理描写と美しい音楽、綺麗な背景

全てが丁寧に作られていると思いますが

 

ドラマチック性、魅せるストーリーは

蓮治と千尋が一番出来ていると思いました。

 

紘とみやこ 京介と景も悪くはないのですが

蓮治と千尋の話が一番感動的だと思います。

話が分かっていて見直しても 演出や綺麗な絵に見とれてしまいます。

 

物語後半の紘とみやこ 蓮治と千尋達の関係性が一気に進んでいく所は

本当に惹きつけられ、夢中で見てしまいます。

 

何度も言いますが 演出が本当に素晴らしいです

それに伴う背景や音楽の美しさに感動します。

 

みんなコンプレックスや抱えている過去や未来への不安があり

それを受け入れてくれる相手を大切にしようとするけど

大切にしようとし過ぎて、少し心がズレていく描写など

様々な思いが交錯してしまう

それでも大切な人がいるから……という

 

見た後に自分も人生をちゃんと生きようと思える

どんなに理不尽な運命であっても

希望を見つけて生きていくことの尊さを考えさせられます

 

 二期

二期も同じような群像劇です。

修一とミズキ  夕と優子 2組になった分

一組がより深く描かれています。

 

このefという物語は夕と優子のためにあったのかと思えるぐらい

夕と優子の話が濃いです、とにかく濃い

 

優子は一期でも登場して ほかの人物にアドバイスを与えてくれたりするのですが

優子の過去が明らかになるところや

夕とのことを考えているシーンは特に音楽がいいです。

 

個人的にオススメはConfessionというBGMです。

旋律が本当に美しい

 

二期は予備知識なしで見た方が面白いと思います。

 

 

二期のヒロインの方が人気はあるかも…

優子さんが悲劇的だけど美しく可憐

どこか儚くて危ういヒロインっていいよね

 

benkiman9314.hatenablog.com

benkiman9314.hatenablog.com