google-site-verification: googlef9c97354083b0a6e.html

ワカンタンカ

趣味を中心に色々レビューしたり、日々の生活を書いていきます。

人生について

死に至る病  感想 キルケゴール 

タイトルがとても有名な哲学書 死に至る病 実存主義の祖とされる、キルケゴールが1849年に書いた本 誰でも人生で一度は経験するであろう絶望についての本です。 哲学科を出てるわけでも哲学に詳しいわけでもないので 内容が薄いのはお許しください…… 文庫本 …

高校がつまらない 辞めたいと思う人へ

高校がつまらない 行きたくない 辞めたいと思う人へ 今高校生の人は、高校は辞めてはいけない 辞めたら人生終わる…… という風に考えている人も多いと思います。 つらい思いをしながら行っても 将来後悔し続けるだけなので中退するのもいいと思います。 誰に…

青春18きっぷで東京から高松まで行った感想

大学生で暇なときに友人と東京から高松まで行きました。 片道14時間ほど 4時過ぎに出て、19時前ぐらいに着きました 今思えばよくあんなこと出来たなと思いますが 人生に一回ぐらい経験してみてもいいと思います。 出発 静岡がとにかく長い…… 大垣 米原 岡山 …

生きることが辛い、苦しい人に オススメの仏教の本

悩むことが無駄に多い人生でした どうにかして悩みを減らそうとして 宗教や哲学について調べたりしてみても あまり納得する考えに巡り合わなかったのですが 一番合理的なのかもしれないと思ったのが仏教の本でした ちょっと長くなります。 自分なりの解釈も…

大学に行きたくない 行くのが辛い 辞めたい人

大学に行きたくない 大学に行く事が死ぬほど辛い 行こうと思うけど行けない ずっとこういう感情に支配されて 何をしていても楽しくない、自殺も考えていました。 すみませんが当時のことを思い出しながら書くので 内容が前後したり、読みづらかったりすると…